生紬名古屋帯 096 ワイン色地紅型風

50%OFF価格71,900円(正札145,000円)です。

地はワイン色です。布地はポテッとした生紬です。生紬の帯は盛夏(7、8月)以外にお使いいただけます。一番しっくり来るのは6、9月です。

こっくりした味わいのある布地と色柄です。雰囲気のある合わせ方が楽しめます。

商品購入のページヘ

01

02

03

2005-01-02 12.04.50.n

2005-01-02 12.05.02.n

2005-01-02 12.05.07.n

2005-01-02 12.05.11.n

2005-01-02 12.05.16.n

2005-01-02 12.05.21.n

2005-01-02 12.06.37.n

2005-01-02 12.06.42.n

2005-01-02 12.06.57.n

2005-01-02 12.07.02.n

2005-01-02 12.07.06.n

商品購入のページヘ

紗名古屋帯 059 生成地蔓草

50%OFF価格54,900円(正札110,000円)です。

生成地に蔓草のがらの名古屋帯です。布地はとても薄く涼やかです。駒縫いの刺繍が実を縁取って入っています。葉の色もほとんど緑がかったグレーと言った感じで色合いが抑えられた中に丸い実が映えるように配色されています。

おとなしい柄で小紋や紬の着物に何かと合わせやすい帯です。

商品購入のページヘ

01

02

03

03

2016-07-18 16.58.12.jpg.n

2016-07-18 16.58.09.jpg.n

2016-07-18 16.58.03.jpg.n

前柄です。

2016-07-18 16.57.56.jpg.n

2016-07-18 16.57.52.jpg.n

2016-07-18 16.57.29.jpg.n

2016-07-18 16.57.25.jpg.n

2016-07-18 16.56.48.jpg.n

2016-07-18 16.56.45.jpg.n

商品購入のページヘ

名古屋帯 033 紅檜皮松葉の菱と小花の格子

50%OFF価格69,000円(140,000円)です。

地色は紫色がかった濃い茶色です。柄は、松葉の様な柄の菱詰めと小花をあしらった格子が配されています。写真では判りづらいのですが松葉の菱は、ほぼ金で描かれていますし格子の小花部分も金で縁取られていますので派手な金ではありませんが結構光る感じです。

あくまで雰囲気が合えばよいのですが普通の小紋などには少し使いづらいかもしれません。お洒落な付下げや小紋でも刺繍や金銀の入ったものに合わせるのが良いのでは無いでしょうか。着物を選ぶかもしれませんがピタリとハマるととても良い帯です。

商品購入のページヘ

01

03

02

2016-07-21 10.56.35.n

2016-07-21 10.56.30.n

2016-07-21 10.56.26.n

2016-07-21 10.55.52.n

 

2016-07-21 10.57.40.n

前柄です。手先は、向かって右側です。

2016-07-21 10.57.36.n

2016-07-21 10.57.26.n

商品購入のページヘ

生紬名古屋帯 024 茶地秋草

50%OFF価格円54,900(正札110,000円)です。

手描きの秋草の柄です。柄の縁取りに多少縫いが入っています。盛夏以外の時期に紬や小紋に合わせて使います。生紬とは縦糸に玉糸を使った布地で麻のようなシャキッリとした布地です。盛夏意外は使えますが生紬の雰囲気から6月と9月にお使いになるのにぴったりです。

商品購入のページヘ

2016-07-18 17.05.03.n

2016-07-18 17.06.09.n

2016-07-18 17.06.04.n

2016-07-18 17.05.54.n

前柄です。

2016-07-18 17.05.32.n

2016-07-18 17.05.17.n

2016-07-18 17.05.07.n

商品購入のページヘ

夏名古屋 036 薄茶地オダマキ

50%OFF価格54,900円(正札110,000円)です。

麻のようなざっくりした布地です。柄はオダマキとタデでしょうか。地色は糸の色ですが生成りというよりは薄茶色に近い色です。小紋や紬に合わせてお使い下さい。

商品購入のページヘ

上から3枚の画像は実際のイメージに合わせて調整しています。
クリックすると画像が開きます。

01

 

02

03

前柄

 

商品購入のページヘ