久留米絣 018 紺地四つ菱風

販売終了しました。ありがとうございます。
価格35,900円(正札72,000円)です。

藍染、絣、木綿の着物です。元々は普段着様です。木綿なので厚手で丈夫な布地です。

巾37.4cm 身長170cm位まで。

塩沢紬 005 濃紺地雲取

50%OFF価格119,000円(正札240,000円)です。
色柄は、濃紺地雲取です。亀甲絣と蚊絣で雲取りの柄が織り出されています。塩沢紬は、縦糸につい良い撚りがかかっているのが特徴でシボが強いためさらっとした風合いが特徴です。裾捌きがよく単衣にも好まれます。

お友達との旅行ですとか観劇に何気なく着てゆく着物。普段お召になっている方が秋口の単衣の時期にそろそろ塩沢の出番かなと思う。シャリ感のある涼し気な布地は塩沢といえば単衣という感じで昔から重宝されてきました。そんなきものです。

商品購入のページヘ

 

01

02

2016-07-05 10.12.32

2016-07-05 10.12.42

2016-07-05 10.12.50

2016-07-05 10.13.00

2016-07-05 10.13.09

2016-07-05 10.13.19

2016-07-05 10.13.24

2016-07-05 10.13.56

2016-07-05 10.14.04

2016-07-05 10.14.21

2016-07-05 10.14.25

2016-07-05 10.14.37

2016-07-05 10.14.44

s

03

商品購入のページヘ

塩沢紬 006 黒地亀甲絣切金200亀甲

60%OFF価格319,000円(正札800,000円)

色は、かすかに赤みがかった深い黒です。柄は亀甲絣で切金の柄が入っていますが切金とは元々は四角や三角に切った金箔を漆で貼る工芸品の技法のことです。 似ているからだと思うのですが和服では小さな四角形を散らした柄を切金と言います。塩沢というと強撚糸を使っているためシボが強くさらっと裾捌きが良いの が特徴ですが、200亀甲の品物ですので糸が細く一般的な塩沢とは違って大島に近いすべすべした感触がありますがさらっとした風合いです。また、光沢があ り光のむきによって微妙に色が違います。塩沢がお好きな人、今までの織物と違う風合いの着物が欲しい方ぜひお召し下さい。

旅行とかでさり気なく着こなしていたら素敵ですね。私も何も言われないでこの着物ををお召になっている方がいらっしゃったら「あれっ」っていう感じなんですよね。やっぱり布地の風合いは見た目でも塩沢っぽいカサっとした雰囲気はあるし、かと言って塩沢にしては絣が細かすぎるし。でも、良い品物なのだなって言うのは伝わってくるのです。

商品購入のページヘ

2016-06-22 16.00.45

2016-06-22 16.00.54

2016-06-22 16.01.06

2016-06-22 16.01.32

2016-06-22 16.01.36

2016-06-22 16.01.55

2016-06-22 16.02.04

2016-06-22 16.02.13

2016-06-22 16.04.26

2016-06-22 16.04.30

2016-06-22 16.04.35

2016-06-22 16.06.46

2016-06-22 16.17.58

2016-06-22 16.18.03

2016-06-22 16.18.07

2016-06-22 16.18.11

2016-06-23 13.37.47

商品購入のページヘ

塩沢紬 013 紺地麻葉

50%OFF価格96,900円(正札195,000円)です。

オーソドックスな紺地で麻葉繋の柄です。亀甲で麻の葉が繋がった柄の総詰です。昔からある柄ですがそれだけに飽きのこない良い着物です。塩沢紬は強撚糸で織られておりシボの強いさらっとした風合いが特徴です。なので、裾捌きがよく単衣などに好んで用いられます。もちろん袷でお召になっても良い着物です。

商品購入のページヘ

01

02

03

04

05

SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG

2016-06-22 16.12.13

2016-06-22 16.12.08

SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
商品購入のページヘ

紬 012 天蚕草木染薄茶地多色縦縞

50%OFF価格169,000円(正札340,000円)です。

信州飯田産の草木染の山繭の紬です。色は極薄い薄茶色ですがチョット赤味がかったページュ色と言った感じです。染には様々な草木を使い縦糸が何種類もの色糸を使っていますので非常に複雑な色合いです。全体にはまとまりがあり縞のすっきりした印象で上品に仕上がっております。また、縦糸には玉糸を使っており独特の風合いで(結城に近いでしょうか)暖かく軽い着物です。玉糸というのは2頭の蚕によって作られた繭から採った糸で絡みあい節のある糸になります。良い着物です。

商品購入のページヘ

01

02

03

04

2016-06-22 15.44.25
2016-06-22 15.44.32
2016-06-22 15.44.37
2016-06-22 15.55.50
2016-06-22 15.56.12
2016-06-22 15.56.18
2016-06-23 15.44.27

商品購入のページヘ

塩沢紬 004 黒地に縦霞

価格119,000円(正札240,000円)です。

黒地に縦霞の柄です。亀甲絣と蚊絣で縦の霞の柄を縞風に織り出しています。地の色が黒なので大変渋い雰囲気を持っています。塩沢紬は、縦糸につい良い撚りがかかっているのが特徴でシボが強いためさらっとした風合いが特徴です。裾捌きがよく単衣にも好まれます。

商品購入のページヘ

01

02

03

04

商品購入のページヘ